「石綿障害予防対策と熱中症予防対策」研修会

神奈川県労働局主催の「石綿障害予防対策と熱中症予防対策」研修会に参加して来ました。

今回は産業廃棄物業の方を中心に開催された研修会です。



2018052110261756a.jpg




第一部は安全コンサルタントの田中講師より「石綿による健康障害防止対策」についての講義です。

リネックスでは石綿の取扱い等はしておりませんが、石綿障害から身を守るために石綿含有製品の把握と取扱い上の注意点や装備などを確認する事が出来ました。


第二部は大塚製薬(株)の方が講師として「熱中症にならないためのポイント」の講義です。

飲料メーカーとしても有名な会社なので効果的な水分と塩分の摂取方法を教えて下さいました。
水分だけの補給では意味がなくナトリウムなどのミネラルを補給するタイミングの大切さなどを教わりました。


第三部は神奈川産業保健総合支援センター 村上講師より「熱中症の症状と危険、防止対策」についての講義です。

熱中症とは何か?という基礎から教えて頂きました。
熱中症とは高温多湿な環境下で体内の水分、塩分のバランスが崩れたり体内の調整機能が破綻するなどして発症するさまざまな障害による症状の総称である。

その様な状態にならない様にどう注意したら良いか、実際になってしまたっらどう対応したら良いかを教えて頂きました。


我々の仕事は屋外作業や、汗をかきながらの作業などをする事が多いので注意が必要です。
熱中症発症のピークは気温の高い7、8月です。
暑さ対策はもちろん、普段から個人での体調管理(飲み過ぎ、食べ過ぎ、寝不足などの注意)と回りの目配り気配りが大切になりますね。


今年の夏も暑いと思いますがリネックススタッフ皆が熱中症にならない様にして行きたいと思います。