紙おむつ

国土交通省はディスポーザーと呼ばれる流し台の生ごみ粉砕機の技術を応用し下水道に紙おむつを流す仕組みの本格的な検討に入ると発表しました。

使用済み紙おむつの保管やごみ出しを不要にし高齢者介護や子育ての負担軽減につなげる。

どの様な仕組みかと調べたところ家庭のトイレ内に紙おむつ専用の粉砕機を設置し、そこで粉砕した紙おむつをそのまま下水道に流し、下水処理場で処分する形です。

実用化まではまだ時間が掛かると思いますが、実用されれば自治体の焼却施設の負担軽減などにも繋がって行くと思います。


しかし、一般家庭への破砕機の設置等を考えますと補助金などが必要ですね。

今後どの様な仕組みで進むのか注目したいと思います。


20180202102021659.jpg