きました!

昨日、4tアームロール車が納車されました!

早速、前後輪に御神酒をかけて安全祈願を致しました。

事故無く故障なく活躍してくれることを期待しております。







一緒にトラックをチェックしていたドライバーも笑顔で眺めていましたから、綺麗に乗ってくれる事でしょう。

リネックスブルーがいつまでも映える状態をキープして欲しいです。

7月からお客様の所へ走って行きますので宜しくお願いします。




201806301719357db.jpg

いざ鎌倉へ

6月の鎌倉はとても混みます。

通常、梅雨時の観光地は暇になるのですが鎌倉は違います。

それは「紫陽花」がお寺など色々な場所で見る事が出来るからです。


201806271047393e9.jpg


綺麗な花と情緒あふれる景色を求め、大勢の観光客の人達が訪ねてくるのですが、年々外国人観光客の方が増えている様です。(とくに平日は多いですね)

やはり鎌倉には何か引きつけられる物があるのでしょう。

勿論、これからはじまる夏は、もっと混み合うので実はリネックスの鎌倉事業所を巡るのも大変です。

昨日も大渋滞でした。
しかし、地域の活性に繋がっている事を考えると嬉し事ですね!

最近は鎌倉の事業所(3拠点)に行くことが多いので時間に余裕をもって巡って来ます。

遊びに来られる際は皆さん時間にはゆとりを持っていらして下さい。



海洋プラスチックごみ問題

世界中で海洋プラスチックごみが問題になっております。

プラスチックは水に溶けたり土に帰ったりはしない素材です。

陸上や河川などから一度、海に流れ出るとそのまま浮遊して流れ付き海岸ごみとして打ち上げられたり、波や紫外線によって細かく砕かれマイクロプラスチックとなり鳥類、魚介類のエサ(偽食)になり、体内に蓄積されてしまいます。

そのため食用の魚介類などから人間の身体にも入ってくる可能性もあります。
(マイクロプラスチックは洗顔剤などに含まれ家庭から下水道を通り川、海に流れてもいます。)

リネックスでは地元海岸の清掃業務を県より委託され行っておりますが、天候が悪く波が高い日の翌日には大量のプラスチックごみと木屑が浜辺に打ち上げられております。

最近は自分が子供の頃よりも海岸ごみが増えている印象です。

国でも海洋ごみ問題を重く受け止め海洋プラスチックごみ対策について来年夏、議長国として開催されるG20に向け「世界をリードできるよう取り組んでいきたい」との声明を出しました。

海洋ごみ問題は世界共通認識で進めないと減らす事はできませんので海に囲まれた島国である日本がリードする事を期待します。



201806251508537d9.jpg

梅雨

6月も後半になり本格的な梅雨になりました。
最近は雨の日が続き、この時期に必ず必要になる物が傘ですね。

その中でも一番普及しているのはビニール傘だと思います、そのためこの時期に廃棄物として増えるのもビニール傘なのです。


20180621142316eb6.jpg




ビニール傘は使い捨て感覚で使用する人も多く飲食店やコンビニ、オフィスビルなどに置いていかれてしまうそうです。

そこで廃棄物として出されてしまうのです。

ビニール傘をリサイクルする際には、上のビニール部分と柄の骨の金属部分を分けて行います。

ビニール部分は廃プラスチックとして燃料材などに、柄の骨の部分は金属としてリサイクルされます。(手間暇が掛かります)


ビニール傘について調べてみると、ビニール傘を世界で初めて製造したのは日本の傘メーカー「ホワイトローズ」という会社で現在も日本製のビニール傘を唯一製造販売している会社だそうです。
ビニール傘が日本発祥とは凄いですね。


しかし、現在ビニール傘の製造は90%以上が中国で作られており、上記の通り日本製はごく僅かです。

日本製のビニール傘は使い捨てではなく高級感がある物やデザインが良い物などひと味違った物が製造されていると聞きました。


20180621142317c04.jpg


ジャパンクオリティーですね!

廃棄される傘も、傘to傘にリサイクルされる時代もくるかもしれません。


6月といえば紫陽花


6月の花といえば「アジサイ」ですね。

毎年、ブログにアップしています、
リネックス本社、二種類のアジサイが今年も綺麗な花を咲かせてくれました。



《 ガクアジサイ 》

201806110855474e9.jpg



《 ホンアジサイ 》

20180613084338cbd.jpg



どちらも雨が似合う花ですね。

6月はアジサイで有名な鎌倉には、沢山の観光客がアジサイを求めていらっしゃるためリネックス鎌倉事業所に行く際は通常より時間が掛かります。

三ヶ所の事業所を回るにはどうしても観光のメイン通りを通過しなければなりません。


しかし、鎌倉に来ている皆さんが楽しそうに散策している姿を見ますと渋滞も良いかなと思えてきます。

そして「自分もゆっくりとアジサイを見たい」そんな気分になります。


鎌倉での仕事を済ませ車で本社に戻り、やっとゆっくりとアジサイを眺める事が出来ました。

綺麗な花でリネックススタッフを癒してくれているアジサイに感謝です。


まだまだ梅雨が続きますがリネックススタッフ一同、頑張って参ります。




20180611085542187.jpg


20180613084340f3a.jpg

毎年恒例のグリーンカーテン

毎年恒例となっております「ゴーヤ」をつかった、
「リネックスグリーンカーテンプロジェクト」の開始です。

6月初旬にゴーヤの苗を植えたのですが花が咲きました。






ゴーヤのグリーンカーテンは事務所に日陰を作ってくれるだけではなく、
その後にゴーヤの実を美味しくいただける楽しみもあります。

今年の出来がどうなるか今から楽しみです!


2018061108554444e.jpg

水素とホテル

神奈川県川崎市にホテルとしては世界初となる廃プラスチック由来の水素を使った燃料電池を使うシステムが導入されました。


201806070841265a5.jpg


水素でホテル内の電気と湯を作り全体の30%を賄います。

使用する水素は昭和電工がアンモニアを廃プラスチックから製造する際に作られる物を原料としてホテルに直接供給されます。

再生エネルギーを使ったホテルと使用していないホテル…
宿泊者にとっては何が変わるのだろうか?

正直、宿泊に関しては何も変わらないというのが答えだと思います。
(泊まり心地やサービスなど)

しかし、再生エネルギーを利用する努力をしているホテルを宿泊者は選択して欲しいと思います。

泊まる施設を選ぶ基準にその様な物が付加されれば今後は再生エネルギーを利用する色々な施設が増えていき、リサイクル施設の需要とそこで作られる物の循環が出来てくるからです。


廃棄物を利用してエネルギーを作り出す技術は年々上がっています。

その技術を活用して我々の身の回りから排出される全ての廃棄物が有効活用される事を期待したいですね。