お土産で

リネックスの企業マークはトンボです。

そのため、トンボの絵柄や置物など個人的には気になります。

自分のそんな気持ちを察してか、トンボのお土産を先日もらいました。




2017102814360431c.jpg




これは一本の藁を編み込んでいきトンボになっています。

一本の細い藁なのでフラフラと揺れトンボの動きもなかなか良いです。


素朴なお土産ですが、我々が取扱っている廃棄物商材で何か皆が喜んでくれるトンボのお土産の様な物が作れないだろうか?そんな事を考えながらトンボを揺らしていました。

見た人が笑顔になるような物に変化出来たら最高ですね!

また季節ハズレの台風が。

先週、リネックスが活動しております神奈川県に台風が直撃してしまい、
海沿いの道路(西湘バイパス)が通行止めになってしました。




(通行止めになった状況が出ていました)



しかし、素早い工事作業で2日後には片側交互通行に復旧され、通行出来る様になりました。(下り線の完全復旧には時間が掛かりそうですが・・・)

突貫工事で大変だったと思いますが工事関係者の皆様ありがとうございます。

お陰様で周辺道路の渋滞も緩和され、我が社の回収業務も時間通り出来る様になり助かりました。


しかし、まだ完全復旧ではない状況の中、また台風が接近中との事。

これ以上の被害拡大がないように祈りたいですね。


リネックスも台風に備え、会社回りの養生をしっかり行いたいと思います。

台風で

超大型で非常に強い台風21号が昨夜から朝にかけてリネックス、大和再生がある地域に上陸しました。

しかし、運が良い事に通勤時間帯にはこの辺りは通過し、仕事にはあまり影響がなく済みました。

海沿いや一部の高速道路では通行止めが続き渋滞が起きておりますが思ったよりも混乱もなくお客様にご迷惑を掛けずに済みそうです。


台風などの自然災害は我々ではどうにも出来ない事ですが、台風対策の事前準備等をしっかり行い(前日にリネックススタッフが養生作業をしてくれました)安全に気をつけながら仕事を進める事が大切です。

空飛ぶ白バイ

空飛ぶオートバイ、そんなマンガの世界の様な話が現実になってきました。

アラブ首長国連邦 ドバイ警察がロシア技術開発企業が手掛ける一人乗りタイプのドローン型バイク「スコーピオン」を白バイとして二年後の導入を目指して開発を進めていると発表しました。

緊急時の際に渋滞に巻き込まれず現場に急行出来たり、空からのパトロールなどで活躍しそうですね。






この写真を見た時、遠くない未来では山間部や道路の狭い場所などに空飛ぶゴミ回収車が出動し、お年寄りや身障者の方などゴミ集積所までの運び出しが困難な家庭などではドローンを使って運ぶ、そんな光景が当たり前の世の中になっているかもしれませんね。

我々、廃棄物業界も様変わりする時が来ると思います。


ペットボトルの使い道

使用済みペットボトルといえば選別・加工されてプラスチック原料としてのリサイクルがメインですね。

原料としてペレット化された物は、ペットボトルやペット容器(タマゴパックやトレーなど)に生まれ変わったり、繊維に加工されて衣服や軍手などになったりします。

ペットボトルは、大量に排出される品物ですから大量にリサイクル出来る方法を選択しなければいけません。

しかし、使用済みペットボトルの再利用(リユース)も必要です。

どんなリユース方法があるのかと調べていたところフィリピンでは明かりを取り入れるエコ照明器具として使用されている事がわかりました。

フィリピンのスラム街では電気の普及がまだ出来ていない場所があり、人々は不便な生活をしています。

しかし、このペットボトルを使った照明器具(ボトルライト)で日中でも暗い部屋が明るく照らす事が出来たのです。

使用するのは使用済み「ペットボトル、水、漂白剤」の三つだけ!

ペットボトルに水を入れ、そこに少量の漂白剤を入れフタをして屋根から差し込むだけです。

これで太陽光を取り入れる照明器具が完成します。




201710091155181e3.jpg




この発明のお陰で日中の電気代の節約になり、その分を生活費に回せ助かっているそうです。

これこそエコなリユース方法ですね。


日本でも陽当たりの悪い軒先などでは活躍しそうです。
エコな発明に感謝です。





201710091153426ec.jpg

バイオ燃料

発表されたのは、だいぶ前でしたが通勤途中のラジオで一年後にあるプラントが完成する予定と聞き、もう一度発表された時の記事を読み返しました。

リネックスがある地元神奈川県の県庁所在地である横浜市にバイオベンチャー企業である「ユーグレナ」が日本初の「バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント」を建設します。

バイオと言っても主役は「ミドリムシ」です。

今回のバイオジェット・ディーゼル燃料を製造する際の原料としてミドリムシや植物油脂などを使用するのです。
そしてバイオ燃料の品質評価や貯蔵方法、輸送方法などを実証、検討します。

実は自分自身、ユーグレナを健康の為、毎日飲用しております。
実際、健康に良いと感じる事が出来たので知り合いにもご紹介させて頂き、お陰で痩せたとか、血液の数値が良くなったなど感謝の言葉をもらっています。(自分は開発、製造、販売など一切関係ないのですが嬉しいですね)

そんな事情もありユーグレナに対しての個人的信頼が高いのです。

ミドリムシでトラックを走らせるのも遠い未来ではなそうです。




201710060932190c7.jpg

平成29年度湘南・県西地区労働安全衛生基礎セミナー

平成29年9月30日に開催されました「労働安全衛生基礎セミナー」にリネックススタッフ含め3名で参加してきました。

講義内容は労働安全コンサルタント 二階堂先生による「処理業に潜む危険を体感して労災を防止しよう」です。








20170930152914aef.jpg




神奈川県は現在、労働災害事故件数ワーストワンです。
しかし、事故やケガをしようと思って起こす人は誰もいないはずです。

そこでどんな事故が普段多いのかを知り、事故対策をしなければなりません!



全国の産業廃棄物業界における事故の型別被災状況が下記の物になります。


① 墜落・転落(21%)
② はさまれ・巻き込まれ(20%)
③ 転倒(15%)
④ 動作の反動・無理な動作(10%)
⑤ 交通事故(3%)
⑥ その他(31%)


上記の内容を確認して我が社における更なる改善策を模索したいと思います。

ちょっとした注意で事故を減らす事ができる内容もあるので、意識と知識を皆で持ち取り組みたいと思います。




20171002110639b79.jpg