切手がたまりました

定期的に集めて寄付しております使用済み切手が集まり寄付しました。






メール・電話・FAXなど色々な連絡方法がありますが、郵便でのやり取りはまだまだ健在です。

集めておりますと、以前に比べて切手の形やデザインも様々で面白いですね。

今回の切手も鎌倉清和園さんに寄付する予定です。

少しづつですが、この切手で障がい者施設のお役にたてると嬉しいです。

食べられる結束パッケージ

日本で缶ビールの6本パックといえば厚紙を使った包装パッケージですが、アメリカだと紙ではなく6個の穴が空いたプラスチック製のパッケージに缶をはめ込む包装が使用されています。







そこで問題となっているのがこのプラスチック製パッケージが海に捨てられ、それが原因でウミガメや鳥、魚などの海の生物が怪我をしたり命を奪われている事です。

そこでアメリカのビールメールがビールを醸造する中で出る副産物(大麦・小麦など)から安全なビールパッケージを製作しました。

このパッケージは海の生物は勿論、人が食べても安全な物になっています。



20170929073613dcb.jpg



しかし、プラスチック製より割高になってしまうのがネックです。
そのためこのパッケージを使ったビールは割高になってしまうのですが海の生物を守るといコンセプトが支持されビールの売上アップに繋がったといいます。


地球に住んでいるのは人間だけではないですから、この様な取り組みに賛同する人が増える事は嬉しいですね。

我々の業界も単価のみで決められてしまう事が多いので、処分方法・リサイクル方法などその後の活用方なども理解してもらえると嬉しいです。


大磯町・愛玩動物等献花式

9月24日(日) 大磯町美化センター内動物慰霊碑前にて愛玩動物等献花式が執り行われました。



20170925073652d55.jpg



我が社では大切に可愛がられて亡くなったペットや不慮の事故等で亡くなった鳥獣などの引き取りを行政の依頼で行っている関係もあり、リネックススタッフ皆の動物達への思いは人一倍です。

昨日の献花式には家族で参加してくれたスタッフもおり総勢15名での出席となりました。

ご苦労様、そしてありがとう。

出席した全員が一人ずつ白い菊を献花し、穏やかな気持ちになり式は終了しました。

亡くなった愛玩動物の慰霊だけではなく、一緒に過ごした家族、何かの形で動物達に関係した人達の心を穏やかにしてくれる時間として来年度も執り行われ事を願います。



20170925073650dde.jpg

寒川RC・ソーラーパネル

リネックス寒川RCの屋根にはソーラーパネルが完備されています。

現在、発電された全量を売電しており自社工場では使用されていませんので、発電されたすべてがリネックスの売り上げです。


《 寒川RCソーラーパネル》

20170924090718552.jpg



勿論、太陽光発電なので日照時間が大切です。

この度、年間を通じて1番発電されると思い期待していました8月の売り上げが出て来たのですが・・・

神奈川県では8月のほとんどの日が、雨または曇りで日照時間が足りず、なんと冬場の発電量と変わりませんでした。

残念ながら期待していた半分程の売電量です。

やはり、自然が相手の仕事は難しいですね。

これからの秋晴れに期待です。

ゴミ袋

ここ最近、市町村の一般廃棄物には指定ゴミ袋制度を設けている自治体が多いと思います。

近所のスーパーや商店などで買い物ついでに指定ゴミ袋を購入して家庭から排出されるゴミをその袋に詰め、近所の集積所に指定日に出し、自治体でゴミの回収をしてもらうというのが一般の流れになっております。

そんな中、沼津市ではコンビニでもらうビニール袋が地域の指定ゴミ袋として使える使用になっております。
(コンビニの他、スーパーのレジ袋なども対応している様です)

これは画期的な取り組みだと感心してしまいました。

自治体収入があるのかはわかりませんが住民の方々は便利ですよね。

色々なアイデアで人々の暮らしを支えていると感じました。

リネックスでも何かアイデアを出して行けるよう努力したいと思います。




9/1は

9月1日は「防災の日」、台風、高潮、津波、地震等の災害について認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するための日です。

リネックス本社、寒川RC、鎌倉営業所と海・川が側にありますので災害については真剣に考える必要があります。


そんな中、台風が関東地方に近づき、今週末は影響を受けそうです。
実際、台風の影響で海沿いも高波が目立つようになってきました。


防災の日という事もありますが、台風に向けて会社回りの養生などしっかりと準備したいと思います。