箱根にて

朝から箱根町役場に車で書類提出に行ってきました。
箱根町役場がある場所は箱根湯本ですので箱根でも山の麓になります。
しかし、そこは箱根です風がとても冷たいですね。

書類提出も無事に終わり駐車場に向うとポスターが貼ってありました。





サルは他の動物に比べてとても頭がいいのでイタズラも厄介です。

最近はサル、イノシシ、シカ、カラスなど野生動物による農作物被害や交通事故、ゴミ集積場や自宅などが荒らされる被害などがあり社会問題になっております。

子供の頃から直接野生動物などを見かけた事などありませんでしたが先日、道路を横断するイノシシ親子を見つけ衝撃をうけました!助手席に乗っていた妻もビックリしていました。

自然環境が改善され野生動物が増え過ぎてしまったのか、それとも自然破壊が進み野生動物の住む場所やエサが無くなってしまったのか、正解は解りませんがお互い問題なく生活する為にどうしたらいいのか考えなければならない時がきていると思います。

小型家電リサイクル法

小型家電リサイクル法が運用され使用済み小型電子機器等のリサイクル目標回収量が設定されていました。
2015年度までに1年間あたり14万tの回収としておりましたが、実際は1年間あたり約7万t(半分の達成率)です。

そこで目標回収量はそのままに2018年度に日程を再設定すると発表されましたが、小型家電はリサイクル法が制定される以前から資源有効利用促進法に基ずく再資源化が行なわれており、リサイクルやリユースといったルートも確立されていますので、その事が目標回収量には届いていない理由の一つだと思います。

目標回収量には届いていませんがリサイクル率が悪いという訳ではないと感じます。

小型家電の中にあるレアメタル等がしっかりと有効活用される事が一番大事な事だと思います。




ISO14001

ISO14001が2015年度版に変わり運用が始まってから、初の維持審査が2/16・17の2日間に渡り行われました。

リネックス・スタッフブログにクロージングミーティング風景がアップされております。
今回は幾つかの観察事項が出てしまいましたが無事審査合格を致しました。

自分が環境管理責任者として認証を受けたのが2000年でしたので17年間という歳月を無事に運用できた事になります。

社名変更や環境管理責任者の交代、審査範囲の拡大など色々と大変な事もありましたが、その都度スタッフ皆の努力のお陰で継続できております。

本当にご苦労様です。

「継続は力なり」

今後も更なる継続を目指し取り組んで行きたいと思います。



※ 初めての審査登録証が下記の物になります
(まだリネックスではなく相模再生でした)
毎日、夜中まで書類作りを妻も巻き込んでやった事を思い出します



20170222120828e2e.jpg

通常総会

本日は、朝一番でリネックスが所属しております、
一般社団法人 神奈川県環境保全システム協会・通常総会が開催されました。

まだまだ小さな組織ですので将来の希望を持ちながらの運用が続いています。
総会は次第にそった形で進み無事議案事項もすべて承認されました。

ただ今後の課題として当協会を回りに知って頂く事が大切だとの意見があり、これからの周知方法などが話し合われました。

仕事に関しては年度末に向けて来期の新たな取り組み等が話し合われ無事閉会致しました。

諸問題はありますが、こうして組織メンバーが揃い色々な話が出来る環境は大切ですね。
これからも団結力を強め、進んで行きたいと思います。




今年も活躍してます

今年も活躍しているペンタイプのクレベリン パワーセイバーです。
ペンの上から二酸化塩素を発生し、二週間使用できます。



20170210150123c9c.jpg




インフルエンザやノロウイルス、そして風邪などに少しでも感染しない様に普段からスーツの胸ポケットにクレベリン パワーセイバーを口元にはマスクを装着して自分を守ってもらっています。

それでも感染しない保障はないのですが自努力として取り組んでいます。

まだまだ寒い日が続きますが体調管理に気をつけて乗り切りましょう!






20170210150122c14.jpg




使用済み切手

リネックスの鎌倉営業所で働くスタッフの多くは、
「知的障害者支援施設・鎌倉清和園」より通っています。

知的障害者支援施設の運営支援として使用済み切手の収集という取り組みがあります。

これは寄付してもらい集まった使用済み切手を入所者の人達が種類別に仕分けをして(国内普通切手・記念切手・外国切手の三種類にします)収集業者に売却し、施設運営費に充てるという取り組みです。

しかし、最近では企業発送の郵便物は料金後納が増え、携帯電話やメール・SNSといった連絡方法が主流となった事で使用済み切手の寄付が減っているそうです。

そんな現況だという事を知った自分の母が使用済み切手をコツコツとためていました。

切手がある程度貯まるとお世話になっております鎌倉清和園宛にリネックスとして寄付させて頂いております。

貯まるペースは遅いかもしれませんが、そんな優しい取り組みをしている母を今後も応援したい思います。

これからも小さな取り組みの輪が広がる事を期待したいですね。




20170210150121ce7.jpg

都市鉱山から

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」

2月1日に東京五輪・パラリンピック組織委員会が開催され携帯電話や小型家電などのリサイクル資源を利用した大会メダル作りが発表されました。

もうすでに都市鉱山として「金、銀、銅」は小型家電や携帯電話などから回収されておりますが、今年4月からオリンピックに向けて金属回収を全国に呼び掛ける事になりました。


リサイクルを進める事により持続可能な循環型社会づくりに国民参画で取り組める良いプロジェクトだと思います。

今後、更にリサイクルに対して皆様のご理解が深まる事を期待したいですね!

神奈川県産業資源循環政策研究会

リネックスが参加しております「神奈川県産業資源循環政策研究会」の
全体会及び賀詞交歓会に出席して参りました。



20170202120150387.jpg


今回は政策研究会としての活動報告と神奈川県農政局環境部長様より「神奈川県における産業廃棄物行政について」というテーマで講演をして頂きました。

やはり一番は廃棄物を取り巻く時代の変化、そしてこれから目指す循環型社会の形勢と資源循環の推進が柱となる事がよくわかりました。
(詳しい内容につきましては、ここでは控えさせて頂きます)

これから我々業界の目指す物が見えた講演会でした。
ありがとうございました。


神奈川県産業資源循環政策研究会ではこれから業界の地位向上と循環型社会、低炭素社会の推進を進めて行きます。


20170202120148689.jpg