古物営業法

最近、忙しい事を言い訳にブログ更新を怠っておりました。


「古物営業法」の1部が改正し10月24日に施行されました。

改正内容は「営業制限の見直し」「仮店舗での営業」「簡易取り消しの新設」「欠格事項の追加」です。

我々業界では廃棄物の他にリサイクル品の取り扱い等を行なっている会社も多いですから、古物営業法改正も関わってきます。

今回、改正前は都道府県毎の許可申請でしたが改正後は全国共通の許可に変わりました。

これにより神奈川県内の主たる営業所一ヶ所で許可を得れば、届け出を提出するだけで色々な場所で仕事が出来る様になりましたし、仮店舗営業が認められる事で営業所がない都道府県でもビジネスチャンスが広がりました。

勿論、欠格事項の追加や簡易取り消しなども追加されましたが仕事の幅としては広げていける改正ですね。


法律改正により仕事内容が変わる事がよくある業界ですが全て前向きに捉えてビジネスチャンスに繋げて行きたいと思います。


湘南国際マラソン

12月2日(日)毎年恒例になりました湘南国際マラソンに参加してきました。

今回は自分も含め総勢15人の「チームRINNEX」でエコブースの運営及び大会ゴミの回収、分別、処分のお仕事です。

例年の事業ではありますが、毎年少しづつ分別方法や回収方法など進化を遂げ工夫されています。







今年は大会自体が今までとは違う運営方法で進められ、例年通りとは正直行きませんでしたが、そこは我々RINNEX精鋭部隊です、なんとか臨機応変に対処してトラブルなく終えることが出来ました。


大会の回数を重ねる事に新しい問題が発生しますが、今後も大会関係者の方々と共にクリアして行きたいと思います。

湘南国際マラソン大会に参加する人達が大会内でのゴミ分別に協力する事で、身の回りの環境問題やゴミ問題などについて考える機会のキッカケになって頂ければ幸いです。



大会関係者、サポーター、そしてランナーの方々、皆さんお疲れ様でした!




20181203134527ad9.jpeg

関東地域協議会

横浜で開催されました「公益社団法人全国産業循環連合会主催・第61回関東地域協議会」に出席して来ました。

全国連合会、関東地区の各協会、そして環境省、神奈川県、神奈川県内の政令指定都市の方々という構成メンバーで我々業界に取り巻く問題や今後の人材教育、安全衛生、労働災害、地球温暖化対策等の多岐に渡る内容が協議されました。(詳しい内容は控えさせて頂きます)







外国人雇用や許可制度等色々と変革して行く時期に我々業界もきております。

そして災害対策など我々業界が先頭に立ってやらなくてはなりません。

これから業界として回りから求められている事に答えて行きたいと思います。

不法投棄撲滅キャンペーン

神奈川県箱根町・芦ノ湖周辺で三県合同(神奈川県・静岡県・山梨県)による、「不法投棄撲滅キャンペーン」が開催され参加してきました。

当日は三県の方の他に地元箱根町、そして神奈川県産業資源循環協会メンバーと約30名が出席しました。







すぐ側には海賊船(遊覧船)の発着港がありますのでキャンペーンでお知らせする相手も地元の人や観光客、修学旅行の生徒、海外旅行客など多種多様です。

そこで三県のゆるキャラも参加してアピールしました。



20181120092428267.jpg

(ゆるキャラ三人組は大人気でした)



201811200924355cf.jpg




不法投棄は会社単位で行われる大量の廃棄物というイメージがあると思いますが、実は個人の方が不要になった家電、タイヤ、衣類などを山に投棄してしまう事例が多いのも特徴です。


そこで今回の様な個人の方々に向けての「不法投棄撲滅キャンペーン」も必要になってきます。


キャンペーンをした箱根に限らずどの地域でも廃棄物を適正に処理をする事が1番大切です。

行政との勉強会


小田原市民交流センターUMEKOにて神奈川県環境部環境調整課講演による
「災害発生時における産業廃棄物処理業者の役割及び市町村との連携について」に参加してきました。

日本各地で起きている大規模災害の事例や今後の想定されている災害等についてお話を受けました。

我々の業界としましても災害時における役割や行動、行政との連携などをしっかりとした取り決めをする事が大切です。


いつ起こるか分からない災害だからこそ、色々な事を想定し事前準備をする。
どうなるか分からない状況下でお互いにやれる事を確認しあう時間が大切だと思います。

講演最後の質疑応答では参加された各市町の担当者の方からは具体的な要望や質問が出され、活発な意見交換をする事が出来ました。(内容は控えさせて頂きます)

もちろん、我々業者も宿題を貰った様な気持ちです。

今後も勉強する場を設け、更に意見交換を出来る事を期待したいと思います。

行政も地域業者も、そして住民も一緒になって真剣に考える事が必要です。



20181108111455a32.jpg